出会い系で10人に出会ってやっと1人メッセージが好感触

出会い系で10人に出会ってやっと1人メッセージが好感触

出会い系で10人に出会ってやっと1人メッセージが好感触

東京都新宿区 25歳 自営業 K.O

出会い系で10人に出会ってやっと1人メッセージが好感触

今日は会社が休みなので、いつものように今日会える子を近場で探すことにしました。

 

どの出会い系サイトで探そうか迷ってしまったけど、今までで一番多く会う事に成功しているサイトを選びました。

 

とりあえず何人かの女の子に今日会えるかメッセージを送ってみました

 

送信して2時間後くらいに、何人かからメッセージの返信が来て、何通かやりとりが始まったのです。

 

出会い系の好感触な反応は1割だった

正直、いい感じに話が進んでいるのは1人だけで、他の子は話が噛み合わなかったりなど、会う事は難しいのではないかと感じていました。

 

いい感じに話が進んでいる子は、俺と同じ新宿区に住む24歳の明美ちゃんという女の子で、同じ区内なので、近いうちに会えそうな雰囲気になっています。

 

10人につながって1人しかメッセが続かない

10人にメッセージを送ったら、通常では5人くらいはメッセージが続くだろうと思っていたのですが、俺の文章力の問題なのか、10人とやりとりが始まって数時間後には9人から返信が一切来なくなりました。

 

そのため、やりとりを続けてくれている明美ちゃんをターゲットに定め、たくさんやりとりをして、親交を深めようと考えました。

 

出会い系=メッセージ送ったら返信が必ずくると思っていた俺は、少しだけショックを感じました。

 

きっと明美ちゃんとのやりとりがなかったら今頃「出会い系サイトってやっぱり出会えないんだ」と思ってしまい、利用するのをあきらめていたかもしれません。

 

最初に女の子から初めて返信をもらった際には、次の返信がくるような話題や質問をしないと、今回のようにメッセージが続かないと悩んでしまうかもしれません。

 

次のメッセージにつながるよう、トーク力をあげるのも、メッセージが続けるためには必要なのでしょう。

 

路上ナンパよりは良い割合

路上ナンパと比較すると、割合的には返信も一応来たるするので、効率はかなり良いのかもしれません。

 

しかし、男性はメッセージを送るだけで、1通50円ほど支払わなければならないという問題もあります。

 

10人送って1人のみでは、多少コスパの悪いという印象はあります。でも、路上に立って女の子を探すよりも早く見つかるように思えます

 

なので、女の子にメッセージを送る際に、いかに返信をもらえるような内容を書くのかということは、かなり重要なポイントです。

 

手を抜いてしまうと、ここから進まないことになってしまってたでしょう。

 

メッセがうまくやりとりできたら会える

今回、唯一俺とやりとりが続いている明美ちゃんと、明美ちゃんの仕事終わりにとある場所で待ち合わせをすることになりました。

 

カフェでコーヒー飲みながら話でもするという段取りで、ここまでかなりスムーズに進んだ気がします。

 

この時点で、メッセージのやり取りが上手くいく=出会える可能性が高いというように思えました。

 

カフェで、何故出会い系サイトに登録してるか、今までサイトで出会った人はどんな人だったのかなど、お互いの話をしていました。

 

そのうち、この後どうする?って明美ちゃんに聞いてみたのです。

 

「景色の良いホテルでゆっくりお風呂に入りたい」というので、景色の良い場所にあるホテルを予約して、お互いにどんな部屋かな?とワクワクしながら手を繋いでホテルへと向かう事になりました。

 

出会い系で会ったらやることは決まってた

出会い系で10人に出会ってやっと1人メッセージが好感触

出会い系で女の子と会ってホテルに来たら、する事と言えば、イチャイチャタイムという名のエッチしかないですよね?

 

すぐにエッチしたい気持ちはあるものの、必死で抑えながら、とりあえず先に明美ちゃんからシャワーを浴びて、そのあとに俺もシャワーに入ることになりました。

 

エッチしたい気持ちを抑えているからか、少しだけシャワーを浴びるスピードが自然と早くなってしまっている気がしました

 

シャワーから出て、体を拭いてベッドに向かうと、明美ちゃんがバスタオル1枚を体に
巻いて髪の毛をドライヤーで乾かしていました。

 

乾かしている最中にちらっと見える首筋がエロくて、少し心拍数が上がっていきます。

 

飲み物を飲みながら、ドライヤーで髪の毛が乾くのを待っている事にした

 

相手はヤル気満々だったので全力で愛した

ある程度乾かし終わった後、俺の肩に明美ちゃんが頭を置いてきたため、そのまま明美ちゃんの顎を持ち上げ、ゆっくりと口にキスをした。

 

舌を絡めながら、キスをしてくる明美ちゃんを見て、ヤル気満々だなと感じて、エロモード全開で明美ちゃんを押し倒していきます。

 

耳の中を舐めてみたり、首筋を舐めてみたりして、気持ちいい…という明美ちゃんの声を聞いて、興奮はどんどん高まっていきます。

 

手をおっぱいの方に移動させると、乳首がしっかり立っていたので、片手で片方のおっぱいを揉んで、もう片方のおっぱいも舌先でゆっくり舐めまわしたりしていくと、朱美ちゃんが感じていくのがわかります。

 

この時点で、俺のペニスは固くなっていたのですが、まだまだ我慢と言い聞かせ、明美ちゃんのアソコに指を入れてゆっくり濡らしていきます。

 

良い感じに濡れてきたので、思いっきり手マンをすると、中をたっぷり濡れてすでにびしょびしょになっています。

 

明美ちゃんの口に俺のペニスを突っ込み、先っぽの方をたくさん舐めてもらった舌の使い方がエロ過ぎて、射精してしまいそうだったのですが、そこは必死で我慢して、明美ちゃんのアソコに俺のペニスを挿入して、口の中に俺の指を入れて、膣の奥までリズムを変えて出し入れしていきます。

 

あんっ…あんっ…喘いでる声を聞いていたら、どんどん気持ちよくなっていき、高速ピストンに切り替え明美ちゃんの中にすべてぶちまけてしまった。

 

本当だったら、ここでやめてしまうところなのですが、体の相性が良いので、そのままさらにペニスを入れてびちょびちょになった膣のなかで続けていきました。

 

叫び声に近い喘ぎ声でしたが、体が仰け反ったりしてとても可愛いく思えました。もちろん、そのあと3回戦目を行い、3度目めも少なくなった精液もすべて残らず出し切った。

 

体の相性が良かったので正式にお付き合い

今回、明美ちゃんと初エッチをして、体の相性の良さから、このまま合わなくなるなんて、考えられませんでした。

 

明美ちゃんみたいなエロい子とあってヤれてしまう事と考えただけで、もう俺のペニスが元気になっちゃうのも、自分の若さに笑ってしまっていました。

 

エロい気持ちだったのか、好きだったのかはなんとも言えないのですが、絶対に次も会いたいことから、正式に付き合う方向にどうにか持っていきました。

 

とにかく彼女ができた喜びでいっぱいで、これからどうやって俺好みに調教しようかとも考えて、楽しみで仕方なくなっていました。

 

デートを重ねながら、明美ちゃん自身のことももっと知りたいとも思い、性感帯などもどう開発しようかなんて考えていると、思わずにやけてしまっていました。

 

どこまで続くか分からないが、今この時を楽しみたいと思っていました。

 

身体から始まる恋愛を生で体験中

ただ女の子とエッチがしたいだけだったのに、近くに住んでいる女の子と超エロいエッチが堪能できて、最終的には正式に付き合う事ができたのです。

 

出会い系サイトはやっぱり、俺にとっては外せないものでした。

 

正直、10人にメッセージを送って、1人しか返事がこなくてショックではありましたが、その中の1人が、自分の恋人になるなんて、ちょっと出来過ぎにも思えました。

 

出会い系サイトってサクラや業者が多いとは言われていますが、出会えてしまうと本当なのかなって思ってしまいます。

 

なかなか普段の生活では出会いが無い毎日でしたが、黙ってても出会いが無かった事を考えると、やはり出会い系サイトって便利ですね。

 

普通の段階的に進む恋愛ではなく、明美ちゃんとは、いきなり身体の関係からのスタートでした。

 

順番はめちゃくちゃですが、身体がスタートの恋愛も、なかなか悪いものじゃ無いですよ。今は明美ちゃんと次いつ合うのか、どんなエッチをするのかを考え、その日を待ちながら仕事を頑張ってます!

 

【PCMAX】


メッセがうまくやりとりできたら会える
↓↓↓↓↓↓